お知らせ

一年はあっという間でした。
引退を宣言して半年が経過し、考えもまとまって来たので、ここに記しておきます。

簡単に言うと、辞めます。もう何も作らないと思います。
((頂点の接合ミスとか、構文等の修正はしますけど。))
治療と並行しながらプラグインは作れませんし、仮に治っても再発のリスクもあります。
「狂った歯車」はもう治りません。それで受け止めようと思います。

期待に応えられなかった方々には、申し訳ありませんが。
今までご愛用して頂き、本当にありがとうございました。

…とは言ったものの

以前にも申し上げましたが、プラグインの公開は継続します。
化石のようなクオリティもありますが、置き換えてくれる人もちらほら現れてくれて、
頼もしい限りでございます。感謝です。

今後もRailSim界に尽力を尽くせるよう、もっと他に出来ることを模索しております。
折角、作者を初めて10年。生かせることは作製するだけではないハズ。

ザックリ言うと、ノウハウの展開を考えています。

まぁ、こういうのはオフ会とかでも展開して差し上げたいんですが、
お互いの都合のいい時間や会場の確保等で、結局、限られた人にしか展開出来ないのも事実。
後は人間関係や身の脇前を考慮して、オフ会に参加し辛い人向けにも…と?

そういった「もっと他に出来ること」をコンセプトに今後の予定を発表します。

と言うワケで、今後の活動

@基礎的なモデリング、構文の構成を分かりやすく解説。
Aテクスチャの枚数、面積の削減法。
B簡単に車両をモデリングしやすくするテンプレートMQOファイルの公開。
C「@,A」を配慮した上で、プラグインの「ここをなんとかして欲しい。」に応えるリペア本部を設立。
D資料館を設立。サイドビュー以外のもう使わなくなった資料も全部公開。

いっぱいあります。しかも全部、「自宅で出来る」という最高のメリット付きで。
治療と並行しながら、かつ無理なく効率的にRailSim界に尽くせるという目論見です。

んで、リペア本部って何?

リペア(repair):「修理する」という意味です。中学校で習います。
例えば、
「車両前面〜側面のラインの高さが合わない…。」
「車両上側〜屋根の接合はどう作れば…。」
「リアルなテクスチャを描きたい…。」
といったモデリング界(?)に聳えるベルリンの壁。
そんな壁にヒビを入れるのがリペア本部です。※壊すわけではない。壊すのは貴方です。

…、いずれ、専用のメールアドレスを作成します。
そこに未完成のデータを入れて頂き、要望を添えて送るだけ。

自分も仕事がありますし、対応する人間も一人なので、2日〜14日以内にご返答出来ればと考えております。
どれくらいの依頼が来るかは分かりませんが、作者歴10年のキャリアを腐らせるワケにもいきませんから。





















































という建前ですが、以下は本音です。
ここが分からないです。→そんなの自分で考えろ。といった荒唐無稽な回答。現代社会でもよくあるけど。
こいつのプラグインの○○がクソ。と匿名なら良かれと罵声を飛ばす厚顔無恥な世界。
そして、核心を突かれ、自身の行動を正当化しようと、我田引水な持論(悪く言えば我儘)をぶちまける。
そんな時代が10年も続いて恥ずかしく無いのかと。
そろそろ終止符を打ちたいので、こんな企画を立ち上げた次第です。

果たして吉と出るか凶と出るか。

2018/1/2 水色な人

inserted by FC2 system